無碍 に する。 無碍人

「無下」の意味と使い方!「無下にする」とは?「無碍」との違いも解説【類義語・対義語】|語彙力.com

🤲 真実の智慧のはたらきは、ちょうど太陽の光がすべての存在に平等に降り注ぐように、どのような存在も分けへだてなく慈(いつく)しみ、平等に尊重するものです。その真実の智慧のはたらきに人間が出遇う時、自分の都合によって分けへだてをし、自他のいのちを傷付けている、人間の深い暗闇が初めて照らし出されてくるのです。

2

「むとく」ではありませんよ!「無碍」の読み方、知っていますか?|OTONA SALONE[オトナサローネ]

💔 罪障功徳の体となる こおりとみずのごとくにて こおりおおきにみずおおし さわりおおきに徳おおし 「 罪障」とは、罪悪であり、煩悩です。 法王はただ一法なり」と訓じて、の象徴であるのの念仏の法 であるとされた。 ) しかし、念仏者をすぐ後に「信心の行者」と言い換えてありますから、念仏者は当然、「弥陀に救われ念仏する者」の意味であることは明白です。

14

無碍人

⚠ 問賢首菩薩言。

20

「むとく」ではありませんよ!「無碍」の読み方、知っていますか?|OTONA SALONE[オトナサローネ]

🙂 「 一道」とは世界。 (融通無碍=行動や考えがなんの障害もなく自由でのびのびしていること)• 「無下にする」の読み方は「むげにする」 「無下にする」という言葉の読み方は、「むげにする」です。 御開山は、これを「文殊の法はつねにしかなり。

5

「無碍」と「無下」の意味の違いと使い分け

🙂 仏教での融通無碍は、 それぞれが溶け合い融合をする事で通い合っている、調和をする、という解釈を含んでいます。 これですべての神です。 「考え方や行動が何にもとらわれずに、自由気ままであること」という「融通無碍」よりは、自分の考えや想いを軸にして行動している印象があります。

9

念仏者は無碍の一道なり

📲 【例文】• 「さわり」がなくなるのではなく懺悔となり歓喜となる 罪悪も業報を感ずることあたわず、 諸善も及ぶことなきゆえに、無碍の一道なり、と云々。 次のようなフレーズの中で「融通無碍(ゆうずうむげ)」という言葉を見聞きしたことはないでしょうか? 「彼がどんな仕事も 融通無碍に対処をして、ちゃんと成果を出してくる事には感服するよ。

無碍人

⚒ 無上(この上もないこと。 「無下にあしらう」は「無下にする」の言い換え 「無下にあしらう」(むげにあしらう)も、「無下にする」の言い換え表現として使うことができます。

12

「融通無碍(ゆうずうむげ)」はお経から出来た言葉?|意味と使い方

👈 その時に文殊師利、賢首菩薩に問て言はく、仏子よ、一切の諸仏は、唯この一乗を以てのみ生死を出づることを得たまふに、いかんぞ今、一切の仏刹を見るに、事事同じからざるや。 「融通無碍な考え」「融通無碍に処理する」と言います。 無下に突き放す• 説法教化。

8