中田 浩司 組長。 中田広志組長自ら実行犯?山健組は山口組で一番の主流派組織だった【山口組対立抗争】

神戸山口組「井上組長」が下した「山健・中田組長」への処分にみた「愛」|ニフティニュース

🙂 しかし、中田の方が自分に付いてこなかった神戸残留派を先に処分した。

16

中田浩司

♥ 「分裂騒動があっても即座に絶縁にしなかったのは理解できる」 「今回の処分には井上組長の中田組長に対する愛を感じました。 もちろん実際は、こんなに簡単な一言では済まない、もっと深くて複雑な経緯があると思われます。 だが、その後、山健組内で議論されたのが、中田組長には、現在の組織をめぐる状況や、神戸山口組が今日の至るまでの経緯がきちんと伝わっているかという点だった。

10

〈武闘派「山健組」が2つ存在する異常事態〉神戸残留組の名門トップが「空席のまま」の理由

✇ 問題は代替わり直後に「5代目山健組」名簿が外部に流出したことである。

10

代替わりの直後 全盛期の22分の1になった山健組の名簿流出|日刊ゲンダイDIGITAL

🚀 出典 FNN 神戸市中央区の指定暴力団山口組直系「弘道会」神戸事務所前で今年8月、弘道会系組員が銃撃を受け重傷を負った事件で、兵庫県警は3日、殺人未遂の疑いで、対立組織の神戸山口組直系「山健組」組長、中田浩司容疑者(60)を逮捕した。

19

代替わりの直後 全盛期の22分の1になった山健組の名簿流出|日刊ゲンダイDIGITAL

⚓ 井上氏が上部団体である四代目・山健組の組長に就任すると、 中田氏が健竜会 五代目を継承。 《元神戸山口組々員 中田浩司(62歳)神戸在住》 《右の者 当組の規約に反する行為此れ有り 令和2年9月10日付けを持ちまして「除籍」いたしました》 山健組の当代は、2018年5月に井上邦雄組長から継承した5代目の中田浩司組長。

2

神戸新聞NEXT|総合|神戸山口組、幹部の山健組組長を除籍 独立画策への対抗措置か

✋ 12月3日、筆者は「中田組長がまもなく逮捕されるのではないか」という情報を耳にて、関係者に取材をしていた。

神戸山口組でまたしても大御所が引退…山健組にも「分裂」の危機感高まる

😝 2017年1月、6代目山口組を支持するグループと神戸山口組支持派とが分断された状態となり、双方が7代目会津小鉄会を名乗っている。

10

【画像+経歴】山健組:中田浩司組長を逮捕!若頭代行も務める

😊 現在、神戸山口組を離脱した五代目山健組は、神戸山口組に残留を決めた山健組直系組長らに対して、絶縁や破門などなんらかの処分を下している。 著書に『生野が生んだスーパースター 文政』『2年目の再分裂 「任侠団体山口組」の野望』(共にサイゾー)など。

9

山口組抗争激化 山健組組長が自ら弘道会事務所を襲撃した理由

👆 「山健組は現在、預かりとなっている2組織を含めた直参組織が47あり、それらのうち、拘留中の組長が1名、服役中が3名いると見られている。

16